とこしずめの祭り

kumamotomorisima

私事ですが、先日お天気にも恵まれたある日に、新築工事に向けて地鎮祭が行われました。

自分が経験するまでは、深く興味を持った事もなかったのですが、
これを機に少し調べてみると・・・・
『地鎮祭は、土木工事や建築工事に着工する前に行う儀式です。
じちんさい」と呼ばれていますが「とこしずめのまつり」というのが正しい読み方です。

工事が無事に終わり、家や建物が繁栄することを神様に祈ります。また、土地の神を鎮め土地を利用させてもらうことの報告と許可を得る意味もある儀式です。』
というものだそうです。
案外想像していた通りでした。

神様へ工事が安全に行われる事、良い建物が建つように夫婦揃ってお願いをし、無事に終えました。
帰りに神様へのお供え物をたくさんいただきました。
縁起物の食べ物ばかりで、冷蔵庫がいっぱいになりました。
その中でも、御頭付きの鯛は焼いてしまうと、建物が火事になるという言い伝えもあるそうです。
その日の内に、煮付けになりました。

徐々に進んでいく新築一戸建てまでの道のりが意外に早すぎて、2020年、転機の年だなぁと改めて感じた1日でした。

※TOPの写真はイメージです。

コメントは利用できません。

   
 
    
株式会社モリシマ
〒862-0912 熊本県熊本市東区錦ケ丘21番9号
Tel 096-368-7707
E-mail info@morisima.co.jp